金柑画廊

Blog

2023.11.27

12/2(土)・12/3(日):試写会『ガザ=ストロフ −パレスチナの詩(うた)−』

金柑画廊では、12月2日と3日の二日間、ドキュメンタリー映画『ガザ=ストロフ −パレスチナの詩(うた)−』の試写会を開催します。写真家であり、フランス語の通訳・翻訳業にも携わるairi.が、この映画の共同監督の一人であるケリディン・マブルーク氏と友人であり、現在の状況の中、今だからこそ日本の方にも見ていただきたいとの思いで字幕制作を行いました。彼女からその話を聞き、この試写会が実現することとなりました。試写会当日は、チュニジア在住のケリディン・マブルーク氏によるオンライントークも行われます。当日は日本語字幕が埋め込まれたバージョンを上映する予定です。ただし、YouTubeでも映画(日本語以外の字幕も選択可)が公開されていますので、トークイベントのみへの参加も歓迎します。ぜひ皆さんに知っていただきたい映画です。
(太田京子/金柑画廊)

=====================
試写会:『ガザ=ストロフ −パレスチナの詩(うた)−』

日程 : 12月2日(土)、3日(日)
16時~ 作品紹介と上映(約90分)
18時~ 監督ケリディン・マブルーク氏とオンライントーク
19時~ フリートーク

会場 : 金柑画廊 

参加希望の方は、Contactから、または下記アカウントへDMをお願いします。
Instagram: @airipoint0, @kinkangallery

=====================

『ガザ=ストロフ −パレスチナの詩(うた)−』(2011年)
2009年1月20日、サミール・アブダラとケリディン・マブルークがガザに入ると、パレスチナはますます非現実的なメタファーのように見えた。イスラエルによるガザへの大規模軍事侵攻の翌日、2人は友人であるパレスチナ人権センター代表団と共に、広範囲に広がる「ガザ−ストロフ」を目撃した。10数人の証言者の語りはパレスチナの悪夢の大きさを物語っている。しかし、ガザに住む人々は苦しみの向こうに常に「希望という重い荷物」を抱えている。

監督 :サミール・アブダラ、ケリディン・マブルーク
2011年 / 95分 / フランス・パレスチナ合作
原題 : Gaza-Strophe, Palestine
製作 : Iskra, L'Yeux Ouverts, パレスチナメディアグループ

受賞 :
・フランスTVグランプリ / 第15回マルセイユ国際ドキュメンタリー・ルポルタージュ映画祭
・審査員賞グランプリ 及び 若手ジャーナリスト審査員賞 / 第21回ペサック国際歴史映画祭 / 2010年
・アハメド・アッティア賞 / 第12回バルセロナMEDIMED / 2010年
・エル・アルド賞 / カリアリ・アルアルド映画祭

youtube: https://www.youtube.com/watch?v=2DaOARDe3G8

=====================

監督 : ケリディン・マブルーク / Khéridine Mabrouk
アートディレクター、映画監督、グラフィックデザイナー、イラストレーター、バンド・デシネ作家。フランス生まれ。1997年、バンド・デシネ『Crache』(Editions Vents d’Ouest/Glénat)を発表。2004年までイラストレーター、バンド・デシネ作家として雑誌や新聞と多数コラボレーションする。アラブ文化、中央アジア文化の造詣を深め2009年、2010年にはアートディレクターとしてパリ市でオリエンタリズムに関する展覧会を企画。2006年からドキュメンタリー作品を監督、2009年には侵攻直後のガザでの記録撮影を共同監督し、『ガザ-ストロフ −パレスチナの詩−』を発表。同作品はフランス・テレビジョン・グランプリ他を受賞、劇場公開される。その他、『美術 イスラムと西欧』(ブリティッシュ・カウンシル / 2011)、現代アラブ作家のドキュメンタリーシリーズを指揮制作(ブッカー賞 / 2012-2018)など。
現在、2023年10月以降のガザ攻撃で犠牲になった人々の「顔」を伝えるためのプロジェクト「ガザの顔(Gaza faces)」主要メンバー。世界中のグラフィックデザイナーや動画編集者に呼びかけ、SNSやデモなどで使用するためのイメージを作成している。

「ガザの顔(Gaza faces)」
facebook: https://www.facebook.com/gazafaces
youyube: https://www.youtube.com/channel/UCS1VzXZple3VPCGZpIvNF9g

Khéridine Mabrouk: https://www.cinemeteque.com/realisateur/kheridine-mabrouk/

監督 : サミール・アブダラ / Samir Abdallah
デンマーク・コペンハーゲン生まれ、6歳でフランスに移住。エジプト近代美術の先駆者であるハメッド・アブダラを父に持つ。ナンテール大学で演劇と映画を学んだ後、テレビ番組向けの移民に関する報道やドキュメンタリーを制作。監督、共同監督した作品に、『フランスのイスラム −伝統と現代の間でー』(1990年)、『境界の作家、パレスチナの旅』(2004年)、『ガザ-ストロフ −パレスチナの詩−』(2011年)、『革命のカイロ』(2011年から)、他多数。1991年に「L’Yeux ouverts」を設立、批判的な視点で現代世界を描く映画作品の上映会を国内外で行うネットワークを組織する。フランス、ヨーロッパ、アラブ諸国、アメリカなどで3000以上の団体と協力する映画サイト「CINEMAETEQUE」を運営。

Samir Abdallah: https://www.cinemeteque.com/realisateur/samir-abdallah/

日本語字幕: airi.
東京を拠点に写真作家活動と日仏通訳翻訳を行う。
東京外国語大学フランス語専攻卒業後、2005年から2013年までフランスに居住。
マグレブ諸国などへの旅を重ね、アラブ・イスラム文化に親しむ機会に恵まれる。

=====================
At Kinkan Gallery, we will be hosting a preview screening of the documentary "Gaza-strophe, Palestine” (2010) over two days on December 2nd and 3rd. airi, who works as a photographer and also in French interpretation and translation, felt a special connection due to her friendship with Keridin Mabrouk, one of the co-directors of this movie. In light of the current situation, she undertook the subtitles production with the heartfelt desire for people in Japan to watch it now more than ever. Hearing her story, this preview screening has come to fruition. On the day of the screening, there will also be an online talk by Khéridine Mabrouk, who resides in Tunisia. We plan to screen a version with embedded Japanese subtitles on the day of the event. However, as the film is also available on YouTube (with selectable English subtitles), participation in the talk event only is also welcome. It's a film we want everyone to know about.
 (Kyoko Ota, Kinkan Gallery)

=====================
Preview Screening: "Gaza-Strophe, Palestine"

Date: December 2nd (Saturday) and 3rd (Sunday)
4:00 PM: Introduction and screening of the film (approximately 90 minutes)
6:00 PM: Online talk with director Khéridine Mabrouk
7:00 PM: Free discussion
Venue: Kinkan Gallery

Those wishing to participate, please contact us through “Contact” or DM the following account:
Instagram: @airipoint0, @kinkangallery

=====================
"Gaza-Strophe, Palestine" (2011)

On January 20, 2009, when Samir Abdallah and Khéridine Mabrouk entered Gaza, Palestine seemed increasingly like an unrealistic metaphor. The day after a massive Israeli military invasion of Gaza, the two witnessed the widespread "Gaza-Strophe" alongside a delegation of friends representing the Palestinian Human Rights Center. Testimonies from about a dozen witnesses narrate the magnitude of Palestine's nightmare. However, the people living in Gaza always carry the "baggage of hope" beyond their suffering.

Director: Samir Abdallah, Khéridine Mabrouk
Year: 2011 / Duration: 95 minutes / France-Palestine co-production
Production: Iskra, L'Yeux Ouverts, Palestinian Media Group

Awards:
French TV Grand Prize at the 15th Marseille International Documentary and Reporting Film Festival
Jury Prize Grand Prize and Young Journalist Jury Prize at the 21st Pessac International Historical Film Festival in 2010
Ahmed Attia Award at the 12th Barcelona MEDIMED in 2010
Best Film About Palestine at the Cagliari Al Ard Film Festival.

youtube: https://www.youtube.com/watch?v=2DaOARDe3G8
---
Director: Khéridine Mabrouk
Art director, filmmaker, graphic designer, illustrator, and bande dessinée writer born in France.
Published the bande dessinée "Crache" (Editions Vents d’Ouest/Glénat) in 1997. Collaborated as an illustrator and bande dessinée writer until 2004 with various magazines and newspapers. Deepened knowledge of Arab and Central Asian cultures, organizing exhibitions on Orientalism in Paris in 2009 and 2010 as an art director. Started directing documentaries in 2006, co-directing the recording in Gaza shortly after the invasion in 2009, presenting "Gaza-Strophe, Palestine," The film received awards including the France Television Grand Prix and had theatrical releases. Directed other works like "Art: Islam and the West" (British Council / 2011) and a documentary series on contemporary Arab writers (Booker Prize / 2012-2018). Currently a key member of the "Gaza faces" project, conveying the "faces" of those lost in the Gaza attacks since October 2023, collaborating with graphic designers and video editors worldwide to create images for use in social media and demonstrations.

“Gaza faces”
facebook: https://www.facebook.com/gazafaces
youyube: https://www.youtube.com/channel/UCS1VzXZple3VPCGZpIvNF9g

Khéridine Mabrouk: https://www.cinemeteque.com/realisateur/kheridine-mabrouk/

Director: Samir Abdallah
Born in Copenhagen, Denmark, relocated to France at the age of 6. Son of Hamed Abdallah, a pioneer in modern Egyptian art. Studied theater and film at Nanteuil University, then produced reports and documentaries on immigrants for television programs. Directed and co-directed works including "Islam in France - Between Tradition and Modernity" (1990), "Writers of the Border, Journey in Palestine" (2004), "Gaza-Strophe, Palestine" (2011), and "Cairo in Revolution" (since 2011), among others. Established "L’Yeux ouverts" in 1991, organizing a network screening critical perspectives on the contemporary world in films. Operates "CINEMAETEQUE," collaborating with over 3000 organizations in France, Europe, Arab countries, the United States, and more.

Samir Abdallah: https://www.cinemeteque.com/realisateur/samir-abdallah/

Japanese subtitles: airi.
Based in Tokyo, working as a photographer and translator/interpreter between Japan and France.
Graduated from Tokyo University of Foreign Studies with a major in French in 2005 and lived in France until 2013. Traveled extensively to Maghreb countries and had opportunities to familiarize with Arab-Islamic culture.
=====================

開催にあたり、監督のケリディン、字幕翻訳したairi.のお二人の尽力に感謝いたします。

We would like to thank the director, Keridin, and the subtitle translator, airi., for their efforts in organizing this event.

2021.02.19

辛抱の練習:マッチボックスカメラ/デイビッド・フェリックスによるワークショップ|Practicing Patience: The Matchbox Camera/A workshop by David Felix

辛抱の練習:マッチボックスカメラ
デイビッド・フェリックスによるワークショップ
Practicing Patience: The Matchbox Camera
A workshop by David Felix
2021.2.23 10:30-13:30

現在展示開催中のDavid Felix氏 (Miru Camerasのメーカー) が講師を務めるピンホールカメラのワークショップを金柑画廊にて開催いたします。簡単にある材料でピンホールカメラを作って写真を撮ってみませんか?

ワークショップは英語で行われますが、簡単な日本語通訳もいたします。

カメラを作るための材料は提供いたしますが、感染症の拡大を防ぐため、裁断用の道具などは持参していただきます。詳細は下記をご覧ください。

開催日;2021.2.23 10:30~13:30(10:20までにお越しください)
参加人数;5名様(先着順)
必要な道具:
1. ハサミ
2. カッター
3. 定規
4. 小さなカッティングマット

ワークショップについてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お申し込みは、Kinkan Online Storeにて受け付けております。
https://kinkanonline.stores.jp/items/602e93bb24386061810b6bf1

※お申し込みの締め切り日は2月22日です。

Practicing Patience: The Matchbox Camera

Kinkan Gallery will be hosting a pinhole camera workshop on Tuesday, February 23rd, 2021 taught by the current exhibitor David Felix (the maker of Miru Cameras). Students will have the opportunity to make and use their own pinhole cameras from ordinary materials!

The workshop will be conducted mainly in English with Japanese translations.

Most of the materials for making the cameras will be provided for the students but to prevent the spread of infection, we will be asking the students to bring their own tools for cutting. See the details below.

Date: 2021.2.23 10:30-13:30 (Please be here by 10:20)
This workshop is only limited to five (5) guests and will be on a first come, first served basis.
Things participants need to bring:
1. Scissors
2. Cutter
3. Ruler
4. Small cutting mat (If you have)

If you have any questions about the workshop, please feel free to contact us.

Applications are accepted at Kinkan Online Store.
https://kinkanonline.stores.jp/items/602e93bb24386061810b6bf1

Applications for the workshop will be accepted until Feb. 22nd.

2019.10.5

”Tone Drawing” 2019.10.26 Sat | Start 20:00

広瀬良二「最後通告」の展示の中で、舩橋陽氏(サキソフォン)池田陽子氏(ビオラ)増渕顕史氏(ギター)による即興演奏のライブを開催いたします。

Tone Drawing

2019.10.26 Sat | Open 19:30 | Start 20:00
¥1,200+1drink order

Yow Funahashi - Saxophone
Yoko Ikeda - Viola
Takashi Masubuchi - Guitar


舩橋 陽 / Yow Funahashi
1995年から主にサキソフォンによる演奏表現を開始。現在は即興演奏や自身が主宰するユニットやプロジェクトなどで活動。一方、ダンスカンパニーなど、舞台作品への楽曲提供や演奏参加、ファッション展示や映像作品のためのサウンドなども手掛けている。2012年に「3AM」(RONDADE)をリリース。音楽活動と並行して、音を発する仕組みを抜き出した様なサウンドオブジェ作品、写真などを美術のフィールドで発表している。
blog「アメフラシ アマハラシ」
https://yowfnhs.exblog.jp

池田 陽子 / Yoko Ikeda
東京で活動するバイオリン、ビオラ奏者。
幼少よりクラシックヴァイオリンを始め 、20代半ばからバンド活動を開始、その後即興音楽に出会う。
現在は即興演奏を活動のベースとしながら、現代の実験的な作曲作品を演奏するSuidobashiChamberEnsembleの一員としても活動する。


増渕 顕史 / Takashi Masubuchi
1984年生。主に東京で演奏活動を行う。ギタリスト・即興演奏家。10代の頃より様々なグループでギタリストとして活動を行う。2008年頃よりはじめた、嶋澤ヒロノブとのユニット Pelktopia で即興での演奏活動を開始する。2018年よりアコースティックギターによる演奏に専念する。
2018年 R,R,R 【Headlights (PT)】・Disappearing Foliage 【Senri Records(JP)】2枚のソロアルバムをリリース。又、他音楽家との共演作品・コンピレーション作品への参加などでも作品を発表している。
http://takashimasubuchi.tumblr.com/