Blog

2022.09.1

新山清写真集『干潟にて』刊行

キンカンパブリッシングから、本年9月に新山清写真集『干潟にて』を刊行しました。
昨年末に開催した生誕110周年記念新山清写真展『干潟にて』をきっかけに、製作した写真集です。
『干潟にて』は、新山清(1911-1969)が戦後暫く帰郷していた頃に故郷・愛媛の今出海岸で撮影した作品群です。
新山清による当時のヴィンテージプリント15点と併せて篠田優(写真家)のテキストを収録し、デザインを齋藤基正(NUUMOON.)が担当しました。手に取って見ていただきたい一冊です。

Kinkan Publishing Co., Ltd. published Kiyoshi Niiyama's photo collection "At the Tidal Flats" in September this year.
The book was produced in the wake of the Kiyoshi Niiyama exhibition "At the Tidal Flats" held at the end of last year to commemorate the 110th anniversary of his birth.
"At the Tidal Flats" is a collection of photographs taken by Kiyoshi Niiyama (1911-1969) at Imazu Beach in Ehime, his hometown, when he was back home for a while after the war.
The book contains 15 vintage prints by Kiyoshi Niiyama and text by Yu Shinoda (photographer), and was designed by Motomasa Saito (NUUMOON.).This is a book you should pick up and look at.

→新山清写真集『干潟にて』Kiyoshi Niiyama "At the Tidal Flats"
→生誕110年記念 新山清写真展「干潟にて」Kiyoshi Niiyama "At the Tidal Flats"
→新山清 Kiyoshi Niiyama
Kinkan Online Store

2019.04.19

目黒教育園/1950年代

目黒教育園(1950年代)/6x6 1 点シリーズ ¥30,000(外税)
ニュープリント(279mm x 355mm) エディション 10 ¥35,000(外税) 〜

この写真は、正確な年は不明ですが、1950年代に目黒教育園で撮影された一枚です。
トリミングの跡が見て取れますが、最終的にはこのサイズよりも少し大きく、斜め左上にある抜ける小道のところまでをトリミングした作品が残っています。落ち葉の造形そのものに惹かれつつも抽象的になり過ぎるのを避けたのだろうという、新山清の作品意図を想像することができる面白い一枚となっています。

コンタクトプリントは、もともと作品制作の前に作る作家のメモやスケッチ・下書きに近いもので、あまり保管されていることもないものです。ご子息新山洋一氏のご尽力によるところが大きいのですが、しっかりコンタクトプリントが保管されているのも珍しいケースだと思います。

※ニュープリントの受付もしておりますので、お気軽にお申し付けください。ネガの状態によりプリントできない場合もございます。ご了承ください。

2019.04.11

コンタクトプリントの裏とディテールと

コンタクトプリントは6cm四方なので小さく、テストプリントだから書き込みも入っています。
虫眼鏡や写真を傷めない光量のLEDライトで細部を見ると、印象がまた違って見えてくるのも面白い。裏書きは文字が逆になるけれど、鏡に反射させて見ることができます。
写真のイメージだけでなく、作品までのプロセスを想像しながら眺めるのもコンタクトプリントの楽しみ方の一つだと思います。